Q1.企業年金連合会とはどういうところですか?
昭和42年に厚生年金保険法に基づき厚生年金基金の連合体として設立され、平成16年の法律改正により企業年金連合会となりました。
厚生年金基金を短期間(通常10年未満)で脱退した人(中途脱退者)等に対する年金給付を一元的に行い、厚生年金基金・確定給付企業年金・確定拠出年金といった企業年金間の年金通算事業(通算企業年金)を行っていました。
平成25年の法律改正により平成26年4月以降の中途脱退者の年金給付(基本年金)は当基金が行うことになりましたが、そのうち脱退一時金を受け取ることができる中途脱退者は、従来どおり企業年金連合会による通算企業年金を選択することができます。


Copyright(c) 全国宅地建物取引業厚生年金基金. All Right Reserved