Q1.産前産後休業・育児休業中の掛金・届出は、どうなりますか?
<掛金について>
平成26年4月分から基金独自給付分の掛金(全額事業主負担)だけを納めていただくことになりましたので、掛金免除はございません。
<届出について>
掛金免除はございませんが、基金加入員記録作成の都合上、以下の届出をご提出ください。
-産前産後休業-
 @産前産後休業取得者申出書(産休取得時)
 A産前産後休業取得者変更(終了)届(産休終了時)
 B産前産後休業終了時報酬月額変更届(産休終了時標準報酬の改定)
-育児休業-
 @育児休業等取得者申出書(育休取得時・延長時)
 A育児休業等取得者終了届(育休終了時)
 B育児休業等終了時報酬標準給与月額変更届(育休終了時標準報酬の改定)
-養育特例措置-
 @養育期間報酬標準給与月額特例申出書(養育特例措置を受ける時)
 A養育期間報酬標準給与月額特例終了届(養育特例措置の終了時)

Q2.加入員の住所が変わったのですが、手続きは必要ですか?
基金への届出は必要ありません。
基金では、お勤めの間はすべて事業所を通しての手続きとなりますので、ご住所の登録は退職時に行っております。年金事務所への手続きは必要ですが、基金への手続きは不要です。

Q3.年金・一時金の手続きを忘れていたのですが、今からでも大丈夫ですか?
年金・一時金等に関する請求の時効は5年と定められています。
時効前の請求であれば、遅れてのご請求であっても過去に遡って計算し、給付をいたします。なお、年金のお支払いには確認等により、時間がかかってしまいますので、なるべくお早めのご請求をお願いいたします。

Q4.一時金を選択したいのですが、すぐに受け取ることができますか?
一時金の請求を受け付けてからお支払いまで約1〜2ヶ月程度の期間を要します。


Copyright(c) 全国宅地建物取引業厚生年金基金. All Right Reserved